歯周病治療について知っておきたいこと

歯周病は歯周組織の病気で、厚生労働省の調査報告によると、日本の中高年の8割がこの病気にかかっています。


歯周組織には、歯ぐきや歯の根の他、歯槽骨や歯根膜などがあります。



歯周病を大きく分けると、歯肉炎・歯周炎・咬合性外傷の3つに分類できます。

歯周病になると歯茎や骨が破壊されていき、歯ぐきから血や膿が出ます。
また、歯がぐらつくこともありますし、最悪の場合は歯が抜けてしまうことがあります。歯周病が慢性化してしまうと、病原菌が口以外の場所にも繁殖し、心臓や肺などの病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。

歯周病は、口腔内の細菌によって引き起こされます。



細菌が繁殖すると、口腔内に歯石やプラークができます。

プラークとは、歯の表面にできる黄色のネバネバした物体のことです。
プラークは歯周病の原因となる細菌の塊です。
歯周病が軽症であれば歯石を取り除き、歯ブラシを使ってプラークを丁寧に取り除くなど、自宅で簡単に歯周病治療ができます。しかし、歯ブラシを使ったブラッシングだけでは、歯と歯にあるプラークを取り除くことができません。

デンタルフロスを併用することにより、プラークの除去率を格段に上げることができます。

市販のデンタルリンスも歯周病の予防に効果があります。


重症の場合は、歯と歯茎の隙間に歯石が付いていることが多いので、歯科医院で歯石除去などの本格的な歯周病治療を行う必要があります。


歯科医院で歯周病治療を行った場合は、アフターケアのために、半年間隔での定期検診が必要となります。

魅力の高い歯周病治療の情報を探すならこちらです。