歯周病の原因と歯周病治療

歯周病は、歯と歯茎の間から細菌が入り込み、歯茎や骨、歯根膜などを破壊していく病気で、重症化すると歯を失うことになります。
歯周病の進行は、まずは歯茎のみの炎症である歯肉炎が始めです。



歯肉炎は、歯茎が赤く腫れ、出血しやすくなりますが、歯を支える骨までは炎症していない状態です。



この時点での歯周病治療は、スケーラーという器具を使って、歯と歯茎の境目の歯石を取り除き、歯磨き指導を行うことにより、歯茎を健全な状態に戻します。

なお、歯石の除去は、ほとんど痛みがありませんので、麻酔をすることはあまりありませんが、気になる場合は、医師に相談してください。軽度の歯周病になりますと、歯茎の炎症が進み、歯と歯を支える歯茎との隙間である浅い歯周ポケットができます。

歯周ポケットが深ければ深いほど、歯周組織が歯周病により破壊されていることになります。この段階では、歯を支える骨の破壊も始まっています。この時点での歯周病治療は、麻酔を行い、スケーラーで歯石を除去し、歯茎の炎症部分も取り除くことになります。


術後しばらくは、うがい薬での消毒が必要です。
中度になりますと、歯周ポケットが深くなり、歯がぐらつき始めます。



この時点での歯周病治療は、麻酔の上、歯石除去のほか、手術により歯茎を正常な状態に戻します。

重度になりますと、歯を支える骨がほとんどなくなり、歯が著しくぐらつくようになります。


治療としては、どうしても残せない歯を抜歯し、義歯や仮歯をかぶせるとともに、歯周外科手術を行います。