歯周病治療の基本について

歯と歯ぐきの隙間は歯磨きで十分に汚れが除去しきれない事が多く、隙間から入り込んだ細菌が歯肉に炎症を引き起こす事を歯周病と言います。

歯周病になると歯肉の炎症だけでなく、歯を支える骨まで細菌が侵入し、骨を溶かして歯を抜けさせてしまう場合もあります。

様々な歯周病治療に関する情報が幅広く集まります。

痛みを感じる虫歯と異なり、気づかないうちに進行するのが歯周病の恐ろしいところで、歯肉からの出血が目立ち始めたあと、歯が自然に抜け落ちる程に重症化している事も珍しくありません。



歯周病治療の基本は日常の歯みがきにあり、歯周病の原因である歯と歯ぐきの隙間に磨き残しが無いように正しい歯みがきの方法を学びます。
正しい歯みがきを行うと歯ぐきが引き締まり、炎症が引いて腫れが治まります、そうすると歯石が除去しやすくなり、細菌の繁殖場所となる歯石除去が容易になります。歯石は歯科で専用の器具を使わなければ取れず、自己流で歯石を除去しようとすると歯を傷つけるおそれがあります。

重度の歯周病治療となると、歯ぐきの隙間が歯ブラシでは届かないほど深くなり、歯石除去を繰り返しても症状が改善しない場合があります。


そのような時は歯周外科処置を行い、歯槽骨の形を整えてケアをしやすい環境にします。

エキサイトニュースの情報がてんこ盛りのサイトです。

また、歯槽骨や歯ぐきを増やす歯周組織再生療法も存在しています。歯周病治療は症状の重さによって変わりますが、一時的に治っても日常のケアを怠っては再び発症してしまいます。


定期的な歯科検診と正しい歯みがきと続ける事で、長く健康な歯を保てます。